Cycling

Sun Protection – 最強の日焼け止め

ロードバイクを始めてから、日焼け止めは色々試してきましたがやっぱり最強なのはこれでしょう。

ファイターです!!

ウォータープルーフの日焼け止めで汗でも安心!とかドラッグストアで売っているものや、韓国のスティックタイプの同じSPF50+++の日焼け止めを使いましたが、昨年の夏のライドでシミが続出。。。。

ソバカスはその人の魅力だー!と思って放っておくことにしよう、とも思いましたが、あまりにも続々と出てくるシミに恐れおののき、ナチュラルな日焼け止めだとやはり汗で流れて塗りなおしを余儀なくされるのと、塗りなおししても頬の熱がとれないことを経験したので、ファイターに切り替えました。

ファイターはトライアスロン用に開発されているので、取れない。本当に取れない。すばらしい!

・・・と思いきや。取れない=クレンジングちゃんとしないと肌に残ったまま、ということです。

それが嫌で実は買ってから使わずにナチュラルなもので過ごしていたのですが、切り替えてからはやはりお肌が楽です。焼けません、熱くなりません、落ちません。

落ちない強力な日焼け止めはクレンジングオイルしか受け付けないので(ミルクやローションでは落ちません)、そのクレンジングはせめてナチュラルなものでいいのがないかなー、と探して今気に入っているのがこちら。

ALLNA ORGANICのクレンジングオイル(真ん中)です。ラベンダーなどのいい香りがするのと、優しく日焼け止めが落ちるのを肌で感じられるのがお気に入り。右横の白い日焼け止めは同じALLNA ORGANICのナチュラル・日焼け止めSPF50 + PA ++++)。こっちは毎日の生活に使っているのと、ライド時の首なんかにも使っています。首は正直顔よりも皮膚が弱いので少し優しめのものを使いたいんです。

今のところ、調子はよくてファイターさまさま、です。夏の日焼け止めの最強なのはファイターですね。

腕にはファイターを沢山塗るのが嫌なので、冷感のUVカバーをして走っています。ファイターを塗って腕を出した状態で走ったこともありますが、日焼けはしないのですが暑さで体力を消耗します。腕にはUVカバーが一番過ごしやすいですね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA