Cycling Food

Gravel + Forest Ride in Sanda – Sep 2021

祝日の月曜に、ボン子さんと二人でライドしてきました。それがもう、好みの道オンパレードで・・・(笑

ボン子さんとご一緒した時に通ったがれ道、苔道、グラベルロードの「好き度合い」がとっても似ていて。

もちろんボン子さんは「オフロード先輩」なので、もっとすんごい所をMTBでどんどん行かれるぐらいのお方。

ビギナーなわたしをいろんな楽しい所にいざなってくださる素敵マダムです。

たまたま他の方々にご予定があったのも重なって、二人で初めてライドを計画。

せっかくなので、二人の好みの道をた~っぷり入れましょう!と、ルートはざっくりわたしのイメージをお伝えして、ボン子さんが面白そうなグラベルロードをいっぱい入れ込んでルートを引いてくれました。

ルート内容:蓬莱経~船坂からの素敵小径~田んぼを通って有馬街道を西へ~Cafe KILIMでランチ~山田ダム横の林道ルート~魔女のいるハーブショップ@木器~大阪峠(逢坂?かな)~上佐曽利から猪名川に抜けるグラベルルート~くろまんぷ~猪名川道の駅~池田経由で帰る、です。我が家からは約100K, 1000mupです。

なかなかパンチのある所が目白押しで行く前からワクワク!そして行った後の今ブログ書いているときもワクワク!と何度もおいしいライドです^^。

9時過ぎに生瀬駅で待ち合わせして、まずは蓬莱経をのぼり、行きたかった船坂の素敵小径へ!

なかなかいいポイントで写真が撮れませんでしたが、ここのパンチは最初から結構効いてます!^^

ボン子さんは慣れてるのですーーーーーっと。わたしは「お~、ひゃ~、うわぁ~♪」と声が出ました。

距離は短いのですが、この道素敵です~。だってペダルさんが見つけた道ですから!ここ、来たかったので念願かなって嬉しい!

まぁまぁ大き目の石もごろっとあったりして、最初から良い予感。

そしていつものよく知っている三田の西へと行くのですが、このルートも前通った反対から来ていることやいつもと1本道が違うだけで雰囲気がちがってて、すごく面白い!車も少なくて最高~。

ランチ場所まではこんな田んぼ道をいっぱい通りました。わたしたちが通るところを「暑くないようにね・・・」と、まるでお天気の神様が青空に一枚ベールのような雲をかけてくれているかのように、行くところすべてが温度と風、景色、どこを走っても快適でした。

おっと。ランチ場所のぎりぎり前に「おお?」というパンチ力70点ぐらいの激坂も登場して、笑えました~。

ついた場所はCafe KILIM。予約必須のカフェで、お野菜と果物をうまく使ったランチで評判のお店なのでずっと行きたかったところ。今回初めてお邪魔します。

どうですか?想像つかない味のおいなりさん・・・・(笑)。

登場したのはこちらです。

お野菜たっぷり!どれをとっても味付けがきつくなくて、でも野菜の味も活かしててすっごおく美味しい!

お稲荷さん、おっかなびっくりで食べてみましたが、「え?・・・・なんの違和感もない・・・」という感じですごく美味しい!メインの桃酢あんかけもラー油をかけると一段と美味しさアップ。ぜえんぶ美味しくて、お店の方にもおいしすぎる感動をお伝えしました(←感動止まらず、でした)。

レモン味噌も白みそベースにレモンピールのいい香りが入ってセンスアップされたお味に。冬瓜のスープも優しくてほっこり。口に入れたもの全部が美味しくて、女子度が高くてお腹には重くなくてライドに最高のランチになりました。ここはリピート確定。今日も行きたいぐらいです^^。

いつまでも居たいほど、もしくは美しいパフェを食べに数時間後に戻ってきてもいいわね、と話すほど気に入ったお店でした。

ちなみにパフェをランチ後に食べる場合はおいなりさん3つと焼き野菜がついたミニプレートがあったので、そちらとパフェでもいいかもしれません。

名残惜しいですが、まだまだお楽しみがあるので今度は三田を北上していきます。

丁度千刈カンツリークラブへの道の左側にもう一本林道があるので、そこを上がります。山田ダムという小さなダムを横切って山に入ると・・・・

まぁ~~♪^^

早速好みの道が登場。しかも数日前の雨などで結構道も濡れていて、お水たっぷり&ぬれ落ち葉と濡れ苔たっぷりめ。

まぁまぁの斜度でお迎えされたので、笑いながらボン子先生についていきます。

細目の狭い道、ワインディング、最高?20%の斜度も登場して、ニヤニヤ・ハァハァしながらダンシングするも、後輪がすべってズルズルするのを初体験。た、楽しい・・・・(←変態?)。すっごい遅い速度でまわりの景色と出てくるまぁまぁの斜度でニヤニヤが止まりません!このルート、最高に楽しい~~!!!!

ボン子さんからは「背中がもう笑ってるのが後ろからみてわかるわ~」と言われました。どうやら背中からもニヤニヤが溢れてたみたいですね^^。

ここから木器へ抜けて大阪峠に行く前にボン子さんが、「なんか前にこの辺りに魔女みたいなすごい人がいるハーブショップがあって、そこのハーブティーがすごく美味しかったの。行ってみる?」と教えてもらったので、是非!と少し引き返してお邪魔しに。

はい、居ましたよ~、魔女さん!

元気でハーブの知識が半端なく、サービス精神たっぷりで、髪の毛つやつやの魔女さん!(*いわゆる魔女って本当はこういうハーブとかを使って体の不調を直すのに長けた人、だと思っているのでこのオーナーさんはまさに正真正銘の魔女ですね)はーぶしょっぷ、こうづきさんです。

そこで眠りが浅い場合にはこのカモミール、むくみにはレモングラス、女性ホルモンにはローズ、ベースのハーブティーにはこれを、とこれまでの実感と体験に基づくお話をたっぷり伺いながらハーブティーを入れて頂きました。

薬剤師のご主人が亡くなっておひとりでお店をされていますので、以前にあったパスタは提供をやめて、ケーキとお茶、それにいろんな体調を整えるハーブのお話をしてくださいます。

ここは本物のハーブショップ。都会のそれとは桁違いの本物です。体調を優しく整えたい方は行かれるといいですね。わたしは入眠しやすくする、むくみを取る、女性ホルモンを整えるものたち5種類ぐらい買ってサドルバッグに入れて帰りました。

逢坂峠を終えて・・・

さて、まだお楽しみの道が2か所あるので先をすすめます。お次は上佐曽利から少し山に入って猪名川沿いのグラベルロードに!

ついこの間一人で行って、ヒヤヒヤしながら楽しんできた道に行きます。

すぐに始まるグラベル度合いはこちらのブログの写真を参照ください。ボン子先生、けっこうなゴロゴロした石のところもするするーっと行かれます。わたしはまだきゃぁきゃぁ言いながら、途中ちょっと足をついたりして進みます。

ここ・・・・、やっぱりいいわぁ♪(うっとり)。

一人で来ると確実にまたびびりますが、二人だとあっという間!通るのが二度目&ボン子さんが一緒、という安心感で「えー!もう終わってしまったーーーー!」と言ってしまったぐらい。

そして途中にある和菓子やさんの「うませ」でお土産用のお菓子とひとつ、いますぐ食べる生菓子を猪名川を見ながら頂きました。

あ、写真が上下反対。すみません^^;。

あっさりしててこれまた美味しい!お店のおばさまもかわいい方で、色々このあたりのことを教えて下ったりして。

今日は行くところすべて「女性」の日。ランチも女性2人でしてらっしゃたし、魔女にも会ったし。女子度高いです。

この後は「くろまんぷ」という古いトンネルに行くのですが、わたしはトンネル自体よりもそこまでのアプローチが最高に好きでした。いきなり始まる「森」感に、感激しまくり!

ペダル大先生がいらっしゃればもっと素晴らしい写真が撮れるポイント満載なのですが、わたしの携帯バカチョンで走りながら撮るにはこれが精いっぱい。

でも森の感じは伝わるでしょうか?全部おんなじ所じゃないんですよー(苦笑^^;

あとは道の駅いながわでいつものジェラートを。栗のジェラートがこれでもか!というぐらいゴロゴロ入っていて、帰るまでの補給はバッチリでした。

ということで大人女子二人の女子度高め、アドベンチャー度高め!の三田ループライドでした。

グラベルバイクで行ったの?と聞かれましたが、いえ、わたしは今はTREK Domaneのカーボンロードのみしか持ってないのでこれで行きました。Domaneはもともと石畳なども走ることを想定して作られているロードなので、タイヤで全天候用のものを使って石の対応をしています。

でもこんなにグラベル楽しいなら、グラベルロードも視野に入れるかも?

いやいや、オットのロードバイクも12月には来るので我が家にはそんなに置くスペースがありません。Domaneさんに頑張ってもらうしかないですね。次のライドがまた楽しみです。

  • 99.47km距離
  • 5:25:42移動時間
  • 849m標高(←+100で約950-1000ぐらい)

おすすめ

6件のコメント

  1. さんの発言:

    わくわく感が無添加で伝わるレポートですね!楽しませていただきました。

    Cafe KILIM,ホントによさげですね。「おいなりさん」お美味しそう!

    「女性の日」ということで,「うませ」のおばあちゃん猫に会えたらなお良かったですね。よく店番してますよ。

    P.S. グラベルバイクなくても,DomaneならタイヤをパナレーサーのグラベルキングSK(28Cか32C)に替えれば,たいていの道は行けますよ。

    1. さんの発言:

      ペダルさん、
      このルートを考える時にペダルさんのブログ、めっちゃ何度も見させていただきました。。。^^
      カフェキリムさんへはペダルさんも是非ご一緒に!きっとお好きなのではないかな~、とボン子さんと話してました。

      うませの猫ちゃん、会ったのですよ!おばあちゃん猫だったのですね~。やっぱり女性の日でした。
      グラベルバイクなくてもいけます?良かったー!今ピレリの4Sを履いていますが、コンチの4Sが入手できなくてこちらにしたんです。
      パナレーサーもやっぱり強いんですね。噂は聞いていました。今はタイヤが28Cなので、今度は32Cにしようかと思っています。

      1. さんの発言:

        ピレリやコンチの4Sは舗装路用のタイヤですが,グラベルキングは未舗装路走行をメインに設計されたタイヤなんです。

        ただ,Domaneの許容タイヤ幅が30CとトレックのHPにありましたので,32Cは履けないかも。メーカー毎にタイヤ幅の実寸はバラツキありますので,一度ボクの手持ちのシクロクロス用の32Cで試してみましょう!次回ご一緒するときにでも。

        1. さんの発言:

          なんと!そうなんですかー!じゃぁグラベルキングを買わないと!
          今のタイヤはグラベル率がライド中に10%ほどの想定でこれにしたんです。こんなにこういう道が好きになるなんて思わなかったもので・・・(苦笑)。
          わたしのDomaneさんは34か36まで行けると聞いています。一応グラベルをもっと走ることを想定してショップの方と決めたので、結構なクリアランスがあったはずです^^。
          32は同じフレームで使っている女子がいるので確認が取れていますが、34にしたりして平地で遅くなるようなら、32に次回変えようかと考えています。そうなってくると、ルートでグラベル多めの時はグラベルタイヤホイールを別に持ってると楽なんでしょうね。バイクごと買うよりは保管スペースもお財布にも優しいかな?

          また相談させてくださいね。

  2. さんの発言:

    こんばんは。

    ボンコさんとのふたりライド,いい道ばかりですね。
    ぼくも,ボンコさんと和歌山の少し荒れた道を走ったとき,オフロードライダーとしての顔を垣間見て,「カッコイイ~」と思いました。

    おいなりさんが大好きなぼくですが,この店のメニューはブッ飛んでますね。何かのまちがいではないかと思うくらいです。「じゃこ+みょうが」以外はまったく味の想像が付かないです…。魔女のお店も興味津々です。

    1. さんの発言:

      リキさん、
      こんばんは^^。このルート、かなり楽しかったですよ~。リキさんの鈴鹿の山のライドもすっごく素敵でしたね!ヒル?クライムもし甲斐がありますね。
      ボン子さん、するするーっとどこも通られるので、それを見て自分のふらふら加減と相まってさらに笑えました。

      ここのおいなりさん、百聞は一見に如かず(一食は、かな?)ですよ!びっくりするほど違和感がないんです。
      おっかなびっくりで食べてみましたが、もはや毎日でも食べたいぐらいになりました。魔女のお店にもお連れしますよ~^^!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA