Cycling

夏バテ予防にソロライド@再度山&六甲山

ここ数年でわたしの夏バテ度合いがどんどん増しています。

大好きなみんなとのグループライドにも行けないぐらい、暑さのキツイ時は遠慮がちに。。。

去年は「暑い時に無理をしてはいけない」と、朝4時出し→お昼までに帰ってくる、ということもしてみましたが、やはり体が暑さに慣れてないとこれでもしんどい。

今のうちに暑さに出来るだけ慣れる準備を戦略的にやってみよう!というのが今年の夏の試みです。

というわけで、ソロで先週は2回再度山~六甲牧場~一軒茶屋、3回目は再度山~六甲牧場~裏六甲(下り)シュライン経由~有馬温泉、というヒルクライムの練習をやってみました。

1日目。いやはや、こんなに再度山の公園まできつかった?!&遠かった?!、という感じ。気温は25-28℃でしょうか。三田へ抜ける蓬莱峡や十万辻よりも10%を超えるセグメントが長めなのが再度山、ということを再認識しました。歩くぐらいのまったりペースで、途中に何度も止まりながらとにかく息をあまり上げずに斜度と登り、暑さ&蒸し暑さに慣れる練習を。

それでもやっぱり山の中にいるので緑の量がすばらしい!

2日目の土曜日は登りだしから小雨が振り出し、帰るべきか、下りが大変だぞ?でもわたしのバイクは油圧のディスクだから大丈夫だよね??と自問自答しながら登る。ミストシャワーの山の中は気温がどんどん下がって18℃ぐらいに。最高に気持ちよい!スピードは全く上がらないけれど、あんなに大量の緑のアロマを感じられる機会なんてなかなかないのでは。夏の小雨の山の中のヒルクライム、大好きになってしまいました。

やっぱり温度が関係して、前回何度も止まる必要があったのに六甲牧場まで休憩なしで来れました。涼しいのは正義。ありがとう、山の神様!きっとヒルクライムが苦手な私を気遣って、嫌にならないようにしてくれたんだな、と勝手に思って走っている間中感謝。

六甲ビジターセンターのあじさいもきれいに色づいていました。

一軒茶屋からの下り、トトロがいる看板にはトトロが戻ってきてた!(*一時いなくなってたそうです。泥棒?それともトトロが自分でお散歩?)

3日目は翌日日曜日。ちょっと遅めの10時に出発して登り始めると気温29度。え!昨日から10度も上がってる~@@@

よいしょ、こらしょ、と言いながら3回目のトライ。あれぇ、やっぱり再度山の公園が昨日よりもずっと遠いじゃないか。。。やっぱり気温なのか、それとも疲労が残ってるのか。。。公園で一休みして500mlのお茶を全部飲み干し、六甲牧場を目指す。これもまた遠いじゃないかー。

気温30度。山の中でも日向は完全に暑い。牧場のおじさんとも「今日は暑いですねぇ!」とごあいさつ。ここでもアイスコーヒー&ちょっと補給を。

さて、とにかく裏六甲を下るところまではもうちょっとだ!と足を進め、気持ちよく下って大好きなシュラインロードを経由することに。

わたしが初めてドボンした、川も。この時は下りだったので、川に入れるほど体が熱くなかったので次回ドボンまで待っててね。

シュラインは下るのも良かったけど、やっぱりゆっくり登ってきてご褒美にドボンして、体びっしゃびしゃに濡らして暑い中を走るのが気持ちいいかも、です。

その後は有馬温泉まで地道に登っていくのですが、この道はやっぱり下る方が相当気持ちよいことを再認識。カーザシクリズモさんでカリカリのワッフルを頂いて帰ったのでした。

もうちょっと練習しないと、全然3回とも気温以外では違いがなかったので頑張ろうと思います。

おすすめ

2件のコメント

  1. さんの発言:

    こんばんは。がんばってますね~。いろんな楽しみを見つけながらだと暑い季節も気持ちよく走れますね。

    今週に入ってからの暑さにはかなり参っています。毎年夏は,基本は一人で朝の5時から7時くらいまで近くの公園の森の中を走る,ときどきは誰かと少し長く走る,というパターンです。今までの経験だと,あまりがんばらなくても,コンスタントに乗ることで夏バテしにくい身体作りはできるんじゃないかと思ってます。

    1. さんの発言:

      リキさん、こんばんは〜。
      今週も平日一日走ろうと思いましたが仕事で無理そうです。リキさんみたいにコンスタントにしっかり走れればなあ、と思うのですが、なかなか。
      梅雨明けしてゲンナリしますが、夏にちゃんと遊ぶための努力はしないと!ですね。一人でぼちぼち頑張ります😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA