Cycling Food

Sunday Ride through Rurikei – Oct, 2021

前日が夏のような日差しと暑さの秋晴れだったのに、翌日は朝から雨。しかも気温は8-10度ぐらい下がっている。

この日はチームライドですが、走りだすころには雨が止むだろう、ということでジョインしました。

しかもランチは大好きなお店。でも朝ぎりぎりの時間まで雨なので、ルートはいつもと変わってわたしにはまたお初の道。どこを通るんだろうか。。。メールには、「すばらしいランチを用意してくれてるよ!内容はわからないけど、きっといつも満足する素晴らしい食事を出してくれるから、期待しましょう。Big Climbがあるからよろしくね」、とありました。

Big Climb?どこでどれぐらい登るんだろう・・・、きっと雨だから大き目の普通の舗装路を通るよね、ぐらいと大体の方向ぐらいしかわからない。あー、毎回ほんとにひやひやします^^;。

長袖ジャージ、夏ものの長いタイツ、ジレ、そして朝は雨だったのでレインジャケットを持っていきました。

この日は初夏のライド以来会えていなかったFさんも参加で、走りながら話しながら、みんなですすんでいきます。

池田から一庫ダムにまずは到着。ダムまでの登りで着ていたジレも暑くなるぐらいでしたが、基本的には半袖では寒いなぁ、というぐらいでした。

そこからはどうやらるり渓谷を通って亀岡近くの南丹まで行くルートで。

大好きな林道小道も通って・・・

あれ。Mさん、半袖夏ビブ。。。暑がりだからいいのかな?

Fさんは登っているとき以外はやっぱり寒そう。ジレ持ってくればよかったー!と後悔。

で、ここからはもう台風じゃないの?!というものすごい強風を受けながら、ひたすら大きな山を越える感じでるり渓までみんな必死で漕ぎまくり。

そんなに大変な勾配じゃないはずなのに、強風で足がまわらないし、進まない・・・・!!!

誰かの後ろにぴったりくっついて、風よけしながらでも全然変わらないぐらいの強風。いやー、あれには参りました。ランチの時間に間に合わないといけないので、いつもだったら少しの休憩ぐらいあるのに、今回は全然足を止めずに必死で登ります。

173号線に合流するまでの道は静かな山の中でいいのですが、今度は勾配がきつい。ずーっと10%ー13%ぐらいを一生懸命漕いできたのに、今度は「12%」という標識まで出てきて、「えー、ながーい!」と愚痴ります。

写真を撮る余裕ゼロ、思えば再度山の最初のきつめのところを延々と走ってる感じでした。そこからるり渓についたころには気温10度!「えー!10度って!!!登ってきたからそこまで寒くないけど、今からの下りはヤバいね!?」と、ジレだけで下ろうとしたわたしをMikeが「ジャケットあったら着た方がいいよ。結構長く下るし、勾配もきついから速度も速いし」ということで、着る予定をしてなかったレインジャケット大活躍!これなかったら死んでた。。。><

ダウンヒルの途中の渓谷ポイントにて。

で、すごーくながーい、素晴らしいダウンヒルを楽しみながらも、チームの数名とはルートが途中で違ったようですれちがいに。寒すぎて具合も悪くなったMさんも心配。とにかく頑張って寒いけどランチまでいくぞー!ってついたのはこちら。Cafe Le Jardin Popさんです。

あれ?そういえばもう一名、大体年内は半袖のTシャツと半ズボン、というツワモノが・・・・

「ぼく、寒くないよ!」って。うっそぉおおおおお!

で、お店に入ると暖炉がたかれていて、あ~、あったかくて助かったぁ~、とゆっていたら・・・

暖炉に張り付いているじゃないかー!笑

体脂肪率6%ぐらいしかないベテランさんも、もちろん暖炉の最前列で温まる。それを見ながら笑う夏ものビブの若者一名。

でもこの人たち、ものすごいんですよ。暖炉に張り付く彼はクロスバイクでロードバイクのツワモノをどんどん抜かすぐらいの強烈な豪脚。もちろん山専門で登りまくり。彼がロードに乗ったらえらいことになりますね。もう一緒に走ることはないでしょう。いや、今も一緒には既に早すぎてなかなか走れてないけど(笑)。

みんな今日はやっぱり気温と風に惑わされたよね。。。。大変だったもーん、ここまで来るの!

で、本当に大変な思いをしてきたランチは最高なのでした。

メインのポークは栗のソースがかかって。ここはとにかく野菜が美味しいので、下にある野菜はぜんぶ食べて、お肉はこんなに塊で食べるのはちょっと苦手。少し頂いてあとは若者の胃の中へ。

お料理、すべてとーっても美味しかった・・・・。さつまいものスープとやっぱりお野菜が特に美味しい。デザートもラズベリージェラートとガトーショコラ、焼いた梨の相性抜群!ハーブティーがこれまたよく合いました^^。

ここまでくる道のりが、いつもドラマティック。

前回はチームに入って2回目のライドでこちらにお邪魔したのですが、その時のルートも素晴らしかったなぁ。

ゆったりと素晴らしいランチを楽しんだあとは、下り基調で帰ります。

で、途中にコーヒーブレイクもしよう、となり、目指すお店に行こうとすると峠越えがあるらしい。

で、最終判断はわたしにゆだねられました。えぇ、だって一番登りが苦手なので^^;。

堀越峠を登るかどうか、だったのですが、約1キロぐらいと思ってるよりもショート。だったらもう、いってしまえ!と登りだしたら帰る人続出。あらら・・・、でも一緒におつきあい下さるメンバーと初登り。1キロと短いですが、勾配は13-16%で全く緩まずどんどんきつくなる設定。うわわわ。。。。

ガーミンが何度も止まるスピードでしたが、とにかく足着かずに上れました。この日はこんな勾配のところばっかりで、腰が痛い。。。そしてこれで終わってもうあとは平坦か下りだー、と思っていたら、なんと亀岡GCの坂もうっかり入ってるー。ひー。

「堀越峠によく上ったで賞」のチーズケーキを目指して、Emma Coffeeへ。

このテリーヌのようなチーズケーキが食べたかったのです!もちろん一人で食べられないので、4人で分けっこ♪

見た目ほど濃厚ではなくて、ヨーグルト感が強いさっぱりした感じで美味しかった。

この日は約85Km, 1200m upでした。

それにしても秋はあっという間に過ぎ去ってしまったのでしょうか。もう一気に冬に突入した感じがします。

寒い方が断然走りやすいのですが、なんだか毎年秋の短さがどんどん加速している気がしますね。寂しい気もするけれど、ライドにはもってこい。

次のライドはどこに行くかな~。^^

おすすめ

4件のコメント

  1. さんの発言:

    どんどん走ってどんどん投稿されてますね!素晴らしい〜!

    お写真の林道小道ってどこだろ?とエミさんのストラバをたどると,たぶんボクが知らない浮峠でした。

    ふぅむ,ここ10年で能勢あたりにほとんど行かなくなっているので,地理にうとくなってます(以前は豊中在住だったので,あのエリアがホームグラウンドだったのですが)。

    今回のルートおもしろそうなので,トレースしてみますね!(^ ^)/

    1. さんの発言:

      ペダルさん、
      ありがとうございます~!^^
      やっとわたしの走りやすい気温到来!なので、走れるときはどんどん走るようにしています。
      この林道は名前を知らなかったのですが、そうです、浮峠ですね。ここを173に交わるショートカットとして使っていて、この先のSoto Cafeに行ったりしています。
      Cafeから先をずーっとそのまま登っていくと今回のルートでしたが、そこも途中で左に曲がると勾配が少しゆるくなった林道(+グラベル?)らしいので、そこをはぐれたチームは走ったようでした。
      堀越峠の頂上からも林道が伸びていて、そこは次回のお楽しみとなりましたが、ペダルさんはご存じの道でしょうか?良かったら是非行ってみてくださいね。

  2. さんの発言:

    堀越峠から南にのびているのは地黄林道ですね。野間まで良い道です。

    北摂〜亀岡のそのエリアだと去年トレースしたRapha Women’s 100北摂のルートも面白いですよ。この秋にみんなでトレース行きましょう!

    1. さんの発言:

      その林道も良さそうですね。次回はトライしてみたいです。

      Raphaのトレースライド、してみたいんですー。やっぱりあの大きな木の林道を通ってみたいので、ぜひぜひ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA