Cycling

Short Ride? – ゆるぽた詐欺@North Sanda

先日の夢がかなった、楽しいライドの後は「ゆるぽた詐欺」ライドです。^^;

朝の9時にSunday Rideのチームのみんなと集合で、この日はリーダーのMikeが肩を痛めて遠くへは行けない、

というのでショートライドね、というお達しでした。

内容は、みんなで軽く川西池田にある「けやき坂」をクライムして、そこから三田方面に。猪名川道の駅の近くでお茶するか、どうするかな~、という感じだったので

あ、ほんとにショートライドなんだ。なーんだ。でも朝9時に走りだし@池田だと暑いから短いライドだったらその時間でも大丈夫かな、みんなとも久しく走れてないしー。と思って行ってみました。

で、もうタイトルにそのまま書いてありますけれども、結果は「ゆるぽた詐欺」でした。

ゆるーく、ポタリング?なはずが・・・・。いえ、ポタリングはポタリング、なのですが、距離が結局114キロも・・・・。登りも、わたしのGarminはどうやらマイナス150m、というのが常のようなので、およそ1000m up….

え?

でした(笑)。

まずはお達し通り、影が多いからいい感じだよー、と教えてもらったけやき坂を6人でゆったりのぼります。

小川が流れていて、林道ちっくでいい感じ^^。影も多くて涼しいし。

ところどころ14%?ぐらいなところも出てきましたが、影があるのでまだマシ。

この坂を出て、大きな道に出てからの1キロの登りの方が暑くてバテました。

Mさん、登りが終わって休憩する、の図。ほんと、Mさんとわたしは暑さに弱いので、二人してふぅふぅ、はぁはぁ、でした。

そこからは下りを気持ちよくやり過ごし。「今日は暑いから川に入ろうかと思うんだよね。でもいいスポットは知らなくて見つけないといけないから、ちょっと行ってみよう?」

と言われて、オッケー!と走りだし、どんどん三田の北に向かいます。

途中はこんな道も通ったりして、わたしは林道大好きなのでこの辺りはニッコニコ。

ここでMikeが「誰かが前に話してたんだけど、こういう道を好きで行くことをLindology(林道ロジー)って呼ぼうか、って」。

Lindology (Rindology? どっちがいいんだろう?林道、の発音から行くとLかな?)っていい言葉!

全くの造語ですが、わたしは完全にLindology派、です。しかも舗装されてないけど、石がごろごろあんまり無い道は特に好み。苔いっぱいも美しいし、素敵!

そうなんだ~、粋なこと言うなぁ、とか思いながら走ってますが、お昼の時間がすぐそこなのに、一向にどこかに行く気配がありません。距離は既に50キロを超えてますよ?

どうやら羽束川のどこかに行きたいようで、とりあえずじゃぁ、とみんなで暑い中自動販売機で冷たいお水などを買い足すこと2-3回、体にもかけまくって、いいポイントを探します。

ですがこの日は田舎の川に人がうじゃうじゃと!

BBQしたり、子供がはしゃいでいたり、といいポイントが先取りされているので、さらに北に進みます。

もう私が、「えー、もうこのあたりでいいやーん!もうこの辺で入ろうよーー!暑いよーー!」

というも、うーん、ごみが浮いてる、良いVibeが感じられない、とかってどんどんまだ北上します(涙)。

やっとなんとか体を沈められる深さのあるところを見つけて、ドボン?というか、チャポン?しました。(笑)

あー、やれやれ、の図。羽束川には小さいドクターフィッシュみたいな小魚が多くて足にたくさん寄ってきてました。タニシとかもいっぱい。蛇もいる可能性大・・・・^^;。

と思ったらつかの間。今度はMさんが蜂に2回も刺される事件発生!えええ!!!

ポイズンリムーバーを持ち合わせていなかったので、川の水で少し冷やしながら少し持ってたアルコールで消毒。

あぁ、大変なことに・・・・><。

そこから、今度はお昼ごはんの場所を探しながらさまよい、何とか西峠の手前(丹波側)にある道の駅?的な場所でとにかく食事をとりました。

その後はすこーし登ってからずっと猪名川道の駅までは長い楽しい下り。かき氷でひとやすみ。。。外は気温35度です。

気が付けば信号の色のようなかき氷オーダー。

で、ここから自宅まであまり影のない川沿いを通るか、ここからさらに登って十万辻経由で下って帰るか、を悩みましたが十万辻に上り返すときも午後はあの道暑いんですよね。なので、池田経由で帰宅。

すると114キロも走ってて。笑えました^^。

この日のライドは完全なるショートライド詐欺でした。よく考えると、MikeがShort Rideっていうときって本当にショートになったことなかったような・・・・?

いつ、いかなる時も、脚のない自分は最悪のことを考えて色々準備するべし。

この時も「補給食は今日はいいかぁ」と思ってもっていかないつもりでしたが、結局トップチューブのバッグを外すのが面倒で持っていってて、た、助かった。。。。。><

色々読めないのがこのSunday Rideの楽しいところ? いやー、自分、もっと頑張りましょう(笑)。

*Mさんは事なきを得て、その後もなんとか帰宅されてひどいことにならずに済んで良かったです。いつも遅いわたしの面倒を見てくれるMさんご夫婦のためにも、今度からわたしがポインズンリムーバーを持っていくことにしますね。

おすすめ

2件のコメント

  1. さんの発言:

    Lindologyって楽しい表現ですね!そしてたしかにエミさんは lindologist ですね(笑)

    三田から北のドボンポイントはまた案内しますね。夏のサイクリスト dobologists がよく遊んでる尼ン滝や
    羽束川のヒミツのポイントが楽しいです。

    グラベルロードとドボンのマリアージュでご機嫌ライド行きましょう♫

    1. さんの発言:

      ペダルさん、
      はい、わたしLindologistですね!^^ペダルさんは一言でいうと何になりますか?色々あるから一言は難しいですね^^;。

      Doblogistとは!!なんかここからいっぱい派生できそうですね。ドボンポイント、また教えてくださいね~。
      グラベルとドボンって最強の組み合わせだと思います。かき氷と美味しいランチも・・・って、楽しさてんこ盛りですね。うふふ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA