Cycling

Shrine Road Ride in Mt. Rokko – 夏の最高ライド

人生で初めて、いわゆる「ナンパ」をさせて頂きました^^;。

私が数年前、クロスバイクを乗り出したころから拝見していたMy Cycling Diaryというブログで、颯爽と六甲山の至る所をロードバイクで走り回ってらっしゃる、ペダルさん。一眼レフのカメラを担いで、日本・海外・山の中、とどんなところもスイスイと! 乗鞍だって、ツールドフランスのエタップだって!! 何千メートルも山を登って、何百キロものロングライドもされる、憧れのサイクリストさんです。

いつもじーーーっとペダルさんのブログを読んでは、メモメモ・・・、と。カフェなどライド途中の素敵なお店選びのセンス、お楽しみルートの作り方、参加される皆さんや周りの方々への気遣いが文章からにじみ出ていらっしゃるので、完全なる一人のファンとしてブログを拝見していました。

つい最近自分も久しぶりに「ブログ」を始めることにし、「サイクリング」という新しいカテゴリ―でもっと楽しみたい、世界を広げたい、と思い始めました。で、「えいっ! >< (←ほんとに目をつぶって)」とペダルさんのブログにコメントを残して、お近づきになれれば・・・と妄想(笑)。紳士で気さくなペダルさんは何と一緒にライドしませんか~?とお誘いくださることに!!「うそー!ちょっとーーー!きいて、聞いて!!」とオットに大声の早口を浴びせかけました。住んでいる所もご近所かな~?と思っていたら、自転車で10分本当にびっくりの近さ!

そしてさらに、私の憧れのライドルートに連れて行ってくれる、というお申し出。ご友人のボン子さんも一緒にライドで、あそことここに美味しいもの食べるのに寄って・・・なんて。もうどうしましょう。。。。こんな嬉しい事がコロナ禍のストレスいっぱいの時に起きるなんて。神様、ありがとうございます!

私の夢のライドとは、美しい森の中を走り、美味しいものを食べ、美しい川や滝にドボンする!というもの。

素敵ルートが我が家から近くの六甲山の裏六甲で、Googleマップで見れない美しい道と滝があるんです。行ってみたい!と思って2度蓬莱経からトライしましたが、いつも蓬莱経の登り途中で誰かが「今日はルート変えよう?」と言い出す(笑)。暑いと行く気が無くなってしまうんですね^^;。

やっと3回目で行けることに。

このルートは大体80-90kmの距離で、登りは1500-1600mになる予定。わたしは1500m upがやっと、しかも冬だったらやったことがある、という程度。脚にも自信がありません。そんな不安いっぱいのビギナーにお付き合いくださるのが嬉しいやら、申し訳ないやら。暑い中走ることに最近全く慣れていないので、冬でも登るのが遅いのに真夏ってどこまでひどくなるんだろう、自分。。。心配しすぎて前日ドキドキして眠れない、という不覚もセット(笑)。

さて翌朝の8時に我が家の近くで待ち合わせ。初めまして、ですけれどもお話したい気持ちいっぱい、なのでスタートできないぐらい話しかけまくりました(スミマセン)。そこから宝塚でスラっとロングライド得意なボン子さんと合流し、十万辻を経由して三田へ武庫川沿いの車がない道を進んでカコカフェにてランチへ。

って、するっと書いてますが、十万辻ではわたし、大変でした。

何せ「この日でいかがでしょう?」と私が選んだ日が猛暑日。朝8時台、十万辻の温度計で30度。え?うそ??、の気温になっており、何度も通った十万辻なのに、足着くことなんてないのに、と思うけれど3回ぐらい足が止まります。首に水かけてもらったり、どんなに歩くような速度にしても、勾配5-7%で心拍170とかになっちゃうという。

休憩して息を整えて・・・、と開始早々1時間経ってないのに、すでに介護ライドへ突入。

「わー、これ六甲にまた行けないかも・・・」、と大不安がよぎりました。が、ペダルさんとボン子さんの優しさでなんとかかんとか、トンネル前まで到着。はー、やれやれ。もう気分は80歳のおばあちゃんです。夏の間にインドアのみで過ごしていたので、全く暑さに慣れておらず、えらいことです。

陽が当たる登り坂=わたしのスイッチはまるでオフ、の方程式が決定。

ですが、川沿いの涼しい下りや影に入ると息を吹き返し、やっと普通に走れるように。もー、頼みます。。。自分。。。

ランチ後はやっと暑さに少し慣れてきたのか、有馬温泉までペダルさんの絶妙なスピード調整でリードして頂き、するっと行けました。暑い体を冷やさないと、と考えてくださったかき氷を頂けるお店、『中の坊瑞苑』のカフェ『猪名野茶房』にお邪魔します。

RaphaのRCCジャージ、カメラを持つ腕の筋肉が美しいペダルさん。

絶品ほうじ茶かき氷、暖かいほうじ茶がこれまた美味しい!量がこれまた丁度いい!

お店の雰囲気は素敵な大人空間。ここは本当にうっとり、できるカフェでした。お気に入り!

とにかくお二人ともお話が楽しくて、いくらでも話が尽きる感じがしません。この感じもとっても嬉しい。

氷で体を冷やした後は、憧れのシュラインロード&裏六甲へと参ります。山の入り口、車進入禁止ポールを抜けるとそこは・・・・

こーんな森の道が!!ボン子さんも初めてのルートだったようで、二人できゃぁきゃぁ、止まりません!

ボン子さんをちょっとZwift風の構図で撮ってみます^^。

勾配が上がるところ、グラベルがあるところ、全部前もって教えてくださって安心感たっぷり・リードのペダルさん。急な坂も登れたのは、緑たっぷりの森の中、という素晴らしい道と、ペダルさんの優しいリードがあったから。自分一人だと不安で途中何度も止まるだろうな、と今考えたら思います。あっという間に次は夢のドボンポイントへ!

小さい橋の隅に滝に降りられる道があるので、そこにバイクを3台止めて。ビーチサンダルに履き替えていざ!

Photo: ペダルさん 

いろんな撮影ポイントを探してペダルさん、川の中へどんどん進みます!

Photo:ペダルさん 

激写していただきました~。もう、喜びすぎてまるで小学生の子供です。

最高のドボンポイント!美しい場所、暑い体に冷たい水が気持ちいい!これこれ、これがしたかったのですーーー!

ボン子さんはどんどんさらに下流へ降りられるポイントを探したり、上流へツルスベの岩をほいっ、ほいっ、と飛んでいきます。スラっと上品マダムは完全にアドベンチャーどんとこい!なお人でした。尊敬します!

ゆったり時間を取っていただいて、水遊びを堪能しました。本当に素晴らしい時間で、笑顔が3人とも止まりませんでした。

3人で夏休みの小学生かのように、思いっきり水遊びをしたあとはグラベルロードを行きます。これがまた最高に楽しくて!

Photo: ペダルさん

その後は裏六甲ドライブウェイを3キロほど上がり、ゴルフ場そばのほそーいグラベルロードも超楽しい!

「イノシシでるかも、ですけど3人いるから勝てますから、大丈夫ですよー」って。爆笑!

ペダルさん、まるで六甲山のオーナーです。どこもかしこも、意のままに進まれます。

Photo: ペダルさん

六甲山頂にて。山に入ってからは、ほとんど車にも会わず。

セミや鳥の鳴き声を聞いてゆったりと笑顔で走る時間は、なんだかとっても贅沢でした。まるで軽井沢?別荘地?

いつもの六甲山とは大違い。しっとりとした静かな時間が最高だったのです。

その後はディスクブレーキの良さに感心しながら、新しいバイクで初めての六甲のダウンヒル。ちっとも怖くない。

素晴らしい。もう全てが嬉しい。

ということで、ムッシュ・ペダルプレゼンツ、シュラインロードのライドでした。楽しくて、美しくて、素敵で、ドキドキ&ワクワクの1日でした。あぁ、また行きたい♪^^

  • 89.44km距離
  • 1,405m標高(←1600mのはずがなぜか控えめなGarminさん)

おすすめ

8件のコメント

  1. さんの発言:

    こんにちは,初めてナンパされたペダルです(笑)

    いやあ,いつものルートであんなによろこんでいただけて,ボクも大満足です!

    十万辻まではハラハラドキドキで,内心「六甲山行かないで三田から引き返そうか…」と
    迷っていました。

    でも介護のかいあって元気に復活されたあとは,元気いっぱい小学生でしたね(笑)

    グラベル走行もお上手だし,1,600mUpでも疲れ残らずで,めっちゃ伸び代ありの
    有望新人をフットハントできた気分です。

    また隙あらば遊びますので,楽しいメンバーとの日程調整しますね!よろしくお願いしま〜す 。

    1. さんの発言:

      ほんと、ナンパ受けてくださってありがとうございました♪^^今どきはナンパって言わないのでしょうか。。。?
      素晴らしいライド、改めてありがとうございました!嬉しいコメントも頂き、「褒められて伸びるタイプ」なので嬉しさマックスです^^。

      暑さに慣れないと!と思っていつものチームライドに今日も行ってみましたが、やはり午前中の登りがテキメンに弱かったです。池田側からけやき坂を上って、金曜の十万辻の後の道で切畑~そのまま北上で羽束川まで。登りは基本的に「やれやれ」なのですが、それでも朝は一番体が慣れてない時間なのかな、と思っています。この辺りもご指導頂きたいです。
      でもしばらく介護ライド、続いてしまう可能性大ですけれど、頑張りますのでよろしくお願いいたします^^。

  2. さんの発言:

    こんばんは。エミさんよりもひとあし先にペダルさんをナンパしたリキです(笑)
    ぼくもペダルさんのブログの写真や文章に憧れて,コメントを残し,誘ってもらいました。
    同じですね。ペダルさんは本当にステキな人ですから,お互い目が高いですよね(笑)
    ご一緒させてもらう日が楽しみです。

    1. さんの発言:

      リキさん、こんばんは~。あ、そうなんですね!ナンパ、先にされていたのですね。負けてしまった。。。^^。
      はい、素敵な人を見つけるセンスはあると自負しております。なのでリキさんのブログも拝見して文章もお写真もすっごく素敵で面白くて!くすっとさせるセンス抜群で時々ブログを見ながら声を出して笑ってしまいます^^。しかも仕事中です(笑)

      ぜひまたご一緒させてください。それまではブログを見て「くすっ」としておきますね。

      1. さんの発言:

        うわぁ,こんなふうに輪がつながるのはうれしいなあ!

        リキさんもエミさんもありがとうございます!気分は,遊んでもらってうれしくってキャンキャン云ってる子犬です(笑)

        近いうちにおふたりや京都の皆さんと走れたらと思います。

        1. さんの発言:

          こちらこそ、水の中に戻ったポニョのように嬉しいです!わーい!!

          真夏が終わるとサイクリングベストシーズン到来しますから、みなさんに遊んでいただけたらと思っています。
          ぜひぜひ、京都のみなさんともご一緒したいでーす!でもリキさんのブログで見た25%勾配の所はバイク押して上がりますので^^;。

  3. さんの発言:

    こんにちは
    夢のライド実現おめでとうございます。
    写真みるからに、メチャクチャ楽しそうです。
    すごく充実した1日だったようですね。
    90km弱で1600mUPってかなりの上りですね。
    こんだけ上れれば、極端な所を除けばどこにでもいけそうですね!
    おつかれさまでした。

    1. さんの発言:

      しげさん、
      こんにちは!ありがとうございます!夢、実現しました^^~。
      本当に楽しかったんですよ。ご一緒したPedalさんが一眼レフカメラを担いで色々激写してくださいました。
      かなりの登りだったのですが、最初は私には暑さが大変で本当にもう最初の1時間ぐらいで「もうだめかも」と思ったんです。
      でも影に入ったり、ちょっと暑さに体が慣れるとなんとか足が動きました。もうほとんど歩くようなスピードでしたが、登りきると下りもあるので少しリフレッシュされてなんとか^^;。
      出来たら2000m upぐらいを普通に登れるよ、ぐらいになるのが理想です。その次は2500m!いつかRaphaのプレステージライドに出るのがさらに大きな夢です♪
      こうやってゆってたら、実現するかな?とか言っちゃって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA