Cycling Food

Adventure Ride – Hokusetsu, Sainogami Touge

昨日のSunday Rideはぎりぎりまで雨予報と曇りが入れ代わり立ち代わり、でプランが立てにくかったのですが

いつものチームライドに結局ランチがキャンセルできない関係で、雨が降っても行こう!と決めていきました。

が、家を出る9時ごろには急に雨がやんで晴れ間が・・・。サイクリングの神様、ありがとう!!^^

きれいにしたバイクは既に集合場所の池田では泥跳ねでいっぱいのバイクになってましたが、今日は走れるんだから問題なし!気温も急に上がってきて、曇り予報だったので冬物ビブを着てきたのですが、めっちゃ暑かった。。。

大野山に行く予定だったのですが、雨で道が滑りやすいのでやめることに。

代わりに猪名川のマチュピチュ?と勝手に名前を付けている坂に向かいます。

猪名川の素敵な道を終えて、マチュピチュに向かいましたが写真はゼロ。

序盤はゆるいものの、10%-14%までが全くゆるまない坂・・・。先の方まで続くのが見えるので、短い距離なのに心がすぐに折れました^^;。どなたかがこの坂をエベレスティングで53回も登ったとか。いやー、わたしには無理(笑)。道がきれいでいいのですが、おもしろくなくて私には不得意な坂でした。

ちなみに、ここの坂の下りのほうがひどくて、ずーっとドーナツ坂。降りるのも気を遣うのでここはこれからは来ないな・・・(苦笑)。

そして杉生の交差点からはいつもの一庫ダム方面に。あ、これはいつもダウンヒルで気持ちよく下ってくる道だ。ということは、ながーい・ゆるーい坂がずーっと続くなぁ~^^;。

ところどころ紅葉している木々を見ながら、おしゃべりライドで林の近くまで。そこからは夏にもどったかのような暑さを林の影が冷やしてくれて、ほっと一呼吸。そこからはランチ場所に向かいました。

Grigio E Aoさんへ、わたしは初めてお邪魔しました。

前菜のお野菜と

これも前菜のポークロースト。ぶどうと合わせてるのが美味しかった!

メインのマルゲリータピッザ。一人ではちょっと多いサイズ。少し助けてもらいました。

栗のドルチェ。コーヒーと頂きました^^。

お店の外とはうって変わって内装がかっこいい。お料理もおいしく、予約の人でいっぱいでした。

ゆったり美味しいランチを頂いた後は、「どこいく~?どっか登るの~??」と相談しながら、またもや峠を登るかどうかの判断がわたしになることに。

才ノ神峠、というところを通るかどうか。雨の後だから下りが急斜面で厳しいのではないか、と相談してたのですが、まぁゆっくり行こうよ、ということで約3キロぐらいの峠超えに向かいました。

登りながらずーっとこの風景が見えて、どんどん高度があがっていきます。

ここの峠は登りながら視界が開けているのでずーっと良い景色とわたしの大好物、怪しい林道?が見えるのでずっと感激してました!

ここは長谷の棚田。田んぼに水が張られる時期がとっても美しいそうです。

途中は20%以上ある箇所もありましたが、こういった道で15%以上の坂を上る方が、マチュピチュのまだそれよりもゆるい斜度の坂よりも遥かに楽しくて足もまわってくれます。

ダンシングして後輪スリップ、は最近にやけてくるように。でも20%以上あるとシッティングではなかなかきついですもんね。

あっという間に頂上へ到着。おかわり希望の峠でした~^^。本当に素晴らしい道。TOP4にランクインです。

そしてここからは、なんと斜度がマイナス24%の下り。。。。ディスクブレーキだから下れたものの、リムブレーキだと私はきっと体ががちがちで無理だったろうな。他のみんなも手が痛い!と途中下りで休憩を入れないといけないほど。あー、こういうときにディスクブレーキのありがたみを感じます。

苔でつるつる、ものすごい斜度、ガレ場をするっと通るキャプテン。かっこいい!

彼のダウンヒルや林道の下り方はまるで羽が生えた人みたいにするーっと下るので、マネすると危険なのですが、いつかはこんなふうにすごい道でも下れるようになりたい。そして、ドロップハンドルをもって下れるように練習しないとなー、と思いました。

この日は約80キロ、900m upぐらいでした。朝の雨で集合時間が遅かったのでちょっとまだ走り足りなかったですが、十分にアドベンチャーライドを入れてくれて、最高に楽しい一日になったのでした。

ランチの時間にもゆっくりとみんなといろんな話ができたので、それも良かった。

前日心配する日ほどいいライドの日になる、というのはこれからのジンクスになりそうです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA